助成金

両立支援助成金
ブログNo.24:22年7月から男女の賃金格差と副業・兼業の許容状況の情報公表が求められます(2022年8月1日)

厚生労働省は、7月8日、女性活躍推進法の省令及び告示を改正し、「男女の賃金格差」の情報公表を大企業(労働者数301人以上)に義務付けました。また、同じく「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を改訂し、企業における従業員 […]

続きを読む
キャリアアップ助成金
ブログNo.23:健康保険法・厚生年期保険法2022年度法改正(10月施行分)の主なポイント(2022年5月1日)

1.士業の個人事務所の適用 ・従来、士業の個人事務所については、いわゆる法定16業種に該当せず、従業員数が5人以上であっても、社会保険の適用は任意とされてきました。今回の改正で、法律・会計に係る以下の士業については、従業 […]

続きを読む
両立支援助成金
ブログNo.22:育児介護休業法2022年度法改正の主なポイント(2022年5月1日)

1.有期雇用労働者に係る要件緩和 ・従来、育児休業・介護休業とも、有期雇用労働者については、「引き続き雇用された期間が1年以上」であることが、取得要件とされてきましたが、22年4月からは、この要件が廃止され、有期雇用労働 […]

続きを読む
65歳超雇用推進助成金
ブログNo.19:高年齢者の雇用延長の際の留意点

ブログNo.18:65歳超雇用推進助成金の活用のポイントで見てきたように、現在定年は60歳とする企業が多く、高年齢者の雇用継続は再雇用制度が活用されていますが、その際留意すべきは、有期雇用契約を単純延長した場合、有期雇用 […]

続きを読む
65歳超雇用推進助成金
ブログNo.18:65歳超雇用推進助成金の活用のポイント

①定年は60歳が8割ですが、中小企業では65歳も。2020年の民間企業の勤務条件制度等調査(人事院)によれば、定年制がある企業が殆どで、約8割が60歳となっていますが、100人未満の企業では65歳以上の比率がやや高くなっ […]

続きを読む